2015/3/6 初節句とは


無病息災の願いが込められた大切な行事、家族みんなでお祝いしたいですね。

初節句とは

赤ちゃん(男の子)が生まれて、最初に迎えるお節句(五月五日の端午の節句)を、初節句といってお祝いします。生まれたばかりの赤ちゃんが、じょうぶでたくましい男性に成長するように、家族と一緒に無病息災の願いを込めお祝いする行事で、江戸時代から続いています。

人形の贈り方

初節句に飾る五月人形は、お嫁さんの実家から贈るのが一般的ですが、現在は、可愛いお孫さんのために両家で折半することも増えました。五月人形は、前述のような意味があるのですから、おじいさんやおばあさんが心を込めて自ら選びたいものです。 お仲人さんや親戚、友人は、金太郎や桃太郎などの人形や、鯉のぼりを贈るのが一般的です。

お祝いのお返し

初節句のお返しは、お祝いの日から一週間以内にしたいものです。お子さまの名前で、内祝としてください。お返しの品にはちまきを使うのが普通です。お赤飯や紅白の角砂糖などもよいとされています。
お返しの品に、お礼の手紙と、赤ちゃんの写真をつけて贈れば、赤ちゃんの成長がわかってきっと喜ばれることでしょう。 

お申込みはこちら

  • お電話でのご注文
  • 06-6763-5045
  • 【受付時間】
    10:00~18:30(1月~4月)
    10:00~18:00(5月~12月)
  • FAXでのご注文
  • 06-6191-3030
  • FAX注文用紙はこちら【海外向おみやげ百貨】
  • インターネットでのご注文
  • 楽天市場店サイト
  • ヤフー・ショッピング店サイト
  • 結納用品サイト
お客様の声&フォトコンテスト