結納

結納

結納

結納とは、結婚が決まった両家の縁組みの儀式です。基本的には新郎の家から新婦の家へ、婚礼の用意(衣装、嫁入り道具など)のための費用や贈り物を贈るのがならわしとなっており、新婦の側からは結納返しを渡します。結納という儀式自体は、もともとは仲人をたてて行なわれるものでしたが、最近は仲人をたてず、両家の両親と、新郎新婦だけで行なわれる結納も多くなっています。

正式に縁談がまとまりますと御結納を取交わすことになります。 結納は婚約の成立したことを確約する印としてお喜びの品物を贈ることであります。

結納とは、男性側から女性側のご両親に対して、「妻となるべき方を今まで育てていただき、ありがとうございます」 という感謝の気持ちを伝える儀式のことです。

また、結納により「結婚をします」という約束を、正式に交わしたことになる重要な儀式でもあります。 その歴史は、室町時代ともいわれ、結婚式よりもはるかに長い歴史を持っています。

正式な結納とは、目録と受書により結納金や品物を受け交わすことです。目録と受書を受け交わし、形に残すことによっていつまでもその時の気持ちを忘れない人生の大事な一齣となるでしょう。

結納

結納の歴史

もともとは男性が女性の家に入る「婿取り婚」が一般的な婚姻スタイルでした。 これが室町時代に武家の天下となり、男系社会が確立し、女性が男性の家に入る「嫁取り婚」へと変わっていきました。

その際、小笠原流などの武家礼法の諸流派によって、 平安時代に貴族が行っていた婚礼儀式に中国の婚礼制度が取り入れられ、 現在のような結納の作法が整えられました。

当時は公家や武家の間でのみ行われ、庶民には別世界のものでありました。 江戸時代になって裕福な商家では結納が行われるようになりましたが、 庶民が結納を行うようになったのは、明治時代になってからだといわれています。

結納と文献 結納の一番古い記録は、約1,400年前の平安時代。 仁徳天皇(313?399年)の皇太子(後の履中天皇)が黒媛を妃としてむかえるときに 「納采(絹織物・酒・肴)」が贈られたと日本書紀に記されています。

結納

結納の語源

結納の語源にはいくつかの説があります。

結いのもの
これから両家が新しく姻戚関係を結ぶため、男性から酒や肴を持ち寄って飲食を共にして、 結び申しいれて祝いあう時の酒肴を「ゆいのもの」が由来。 結納品に酒、するめ、昆布の品が使われているのは、その名残だとか。

言い入れ(いひいれ)
婚礼を申し込むと言う意味の「言い入れ(いひいれ)」が由来。 語形変化して「結納(ゆいのう)」となったとされる。

六礼
中国の「禮記」に婚礼に先立って行わなければならない儀礼として記されている「六礼」が 日本の習慣と結びつき、日本語に変化したのが由来。

納采(のうさい)
男家が仲人を介して礼物を女家に持って行き求婚すること。
問名(ぶんめい)
男家が書いた招待状と礼物を仲人とともに女家におくる。
仲人は女性の名前と生辰を受けて帰ってくる。
納吉(のうきつ)
男家の先祖位牌の前で結婚を占い、その結果を仲人が女家へ知らせる。
納徴(のうちょう)
占いの結果が良ければ、男家が嫁をもらう代償として女家にそれ相当の金品を渡す。
請期(せいき)
男家で吉日を選び、婚礼の日取りを男家から女家へ知らせる。
親迎(しんげい)
新郎が仲人とともに女家に新婦を迎えに出向く。

結納

結納の仕方

結納の仕方や贈られる熨斗はその地域、地域によって違います。 全国各地でさまざまな特色(地域性)があります。結納品を購入する際に、相手の地域で常識的に行われていること・やっておくべきことがあるかどうか調べて、もしそういったことがあれば、可能な限り取り入れるのがベターだと思います。

結納

結納

結納品は、昔の縁起物を様式化してセットしたものです。 その点数は、3点、5点、7点、9点、11点というふうに、「割り切れない数字」で整えるのが原則です。

結納品には、円満・長寿・子宝など繁栄を象徴するいろいろな 縁起物が揃えられています。下に各結納品の意味を解説しま した。結納の品々に込められた願いや意味を知ることで、 より深く 意義深い結納式になることでしょう。

長熨斗ながのし
末広(寿恵廣)すえひろ
帯地料おびじりょう
柳樽料(家内喜多留)やなぎだるりょう
松魚料まつうおりょう
結美和ゆびわ
高砂人形たかさごにんぎょう
寿留女するめ
子生婦こんぶ

結納

結納飾のいわれ

松(小袖料)

長寿を祝うと共に、一年中葉を落とすことなく青々と茂ることから、家がいつまでも栄えるように。 小袖料とはお結納金のことで、松飾りになります。昔は小袖(花嫁衣装)を贈っていたことから小袖料といわれるようになりました。

竹(清酒料)

竹のようにまっすぐな成長を願い、二人で人生の節目をのり越えていくように、節度と潔白の祈りを込めています。 清酒料とは竹飾りになります。漆や朱塗りの酒樽の事を清酒と言い結納の品として持参していましたが最近では清酒の代りに、名を取り清酒料と記して現金を包むことが多くなっています。

梅(松魚料)

厳しい冬の寒さに耐え、春一番に最初に花を咲かせ実を結ぶところから、忍耐と結実を願います。 松魚料とは梅飾りになります。勝男武士などとも書かれ強い男性の象徴で実物の鰹節を結納の品として持参しましたが最近では鰹節のかわりに松魚料と記して現金を包むことが多くなっています。

鶴・熨斗

鶴…千年の齢を保つことから長寿を願って、又、つがいのの一羽が死んでも決して他の鳥と一緒にならない節操を表しています。 熨斗…熨斗はあわびの肉を長くのばしたもので「長く延ばし」は延命に通じ、長生不死の薬と言われ、おめでたい儀式、武士の出陣鎧旋のときは、祝い肴として必ず添えて祝ったものです

亀・末広

亀…万年も長生きをし、共に急がず休まず一歩一歩末長くしあわせを築いていくように。 末広…末広は「すえひろがり」ともいい、先にいくほど広がるめでたいものと喜ばれます。 結納品に末広(ふつうは白扇一対)をつけるのは、末長く幸せに、と言う意味と白扇は、どうぞ清い気持ちでこちらに来てください。 してこちらの色(家風)に染まってくださいという意味が含まれています。

高砂

関西地方では尉(おじいさん)、姥(おばあさん)の高砂人形で共に白髪になるまで中睦まじく添いとげるようにとの意味で持参します。

寿留女

日持ちがする事と噛めばかむほど美味で、このような嫁になってくださいという意味も含まれています。

子生婦

昆布のことで、子孫繁栄を願って贈ります。また「よろこぶ」にも通じます。

久宝堂について

  • 久宝堂の思い
  • 店舗案内
  • アクセス
  • カタログ請求
  • 久宝堂FAX注文用紙ダウンロード書式A
  • 久宝堂FAX注文用紙書式B
  • 日本人形協会認定 節句人形アドバイザー
  • 日本人形協会認定 適正表示宣言店

商品のご注文について

  • ご注文はオンラインショッピングページの他、お電話・FAXでも承ります。
  • お電話でのご注文 06-6231-7181
  • FAXでのご注文 06-6231-1828

オンラインショッピング

  • 人形と日本のおみやげ 久宝堂 楽天市場店
  • 人形と日本のおみやげ 久宝堂 Yahoo!ショッピング店
  • 結納とジュエリー 久宝堂 結納用品サイト
  • 人形供養祭
Copyright (C) 2011-2017 kyuhoudo. All Rights Reserved.