人形と日本のおみやげ久宝堂

2015/2/27 雛人形の飾り方【七段飾】

一段目


お内裏様を配置します。関西では向かって右にお殿様(男雛)左にお姫様(女雛)を置きます。

二段目


三人官女を配置します。官女の間に高坏(たかつき)と桜餅を配置します。官女の並びは向かって右から

・長柄銚子(両手を握っている)

・三方(座っている)

・加銚子(右手を握って左手を開いている)

・左右の官女は、外側の足を前に出しています。

三段目


五人囃子を配置します。向かって右から

・謡(うたい)

・笛(ふえ)

・子鼓(こかわ)

・大鼓(おおかわ)

・太鼓(たいこ)


四段目


随身、随心の間に御膳、菱台を配置します。随心は、向かって右に左大臣(髭の生えた老人)、左に右大臣です。

五段目


仕丁となります。 向かって右から

・立傘

・沓台(くつだい)

・台傘

関西では右に箒、真ん中にちりとり、左に熊手を持たせて配置します。


六段目、七段目には、雛道具です。この下二段には特に決まりがないので、 御所車、重箱、籠などを好きなように配置します。
戻る インフォメーション一覧 イベント情報一覧 

お申込みはこちら

  • お電話でのご注文
  • 06-6763-5045
  • 【受付時間】
    10:00~18:30(1月~4月)
    10:00~18:00(5月~12月)
  • FAXでのご注文
  • 06-6191-3030
  • FAX注文用紙はこちら【海外向おみやげ百貨】
  • インターネットでのご注文
  • 楽天市場店サイト
  • ヤフー・ショッピング店サイト
  • 結納用品サイト
お客様の声&フォトコンテスト